声優になりたい!どうしたらいい?通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

世界的に注目されている日本のアニメーションで、花形として扱われているのが声優です。スタジアムでコンサートを行う声優もいるなど華やかなイメージがある一方で、声優として生計を立てていける人はほんの一握りです。そのためにも若いうちから専門的なトレーニングと勉強が欠かせない仕事です。若くして声優になりたい人たちはどのように夢へのステップを踏み出せばいいのか、学業との両立はどうするのかを、ここではまとめました。

早くからトレーニングを始めよう

驚くべきことに、声優の仕事を「なんとなく誰でもできそう」と考えている人は多いようです。しかし、声優は専門的な知識と訓練なしにはできない技術職です。アニメーションという非現実的な世界を彩るためには、日常とは違った声質や演技が求められます。映画や演劇の俳優でさえ、声優の仕事には苦労するほどです。そのため、声優を目指すなら、早いうちに何でもトライすることが大切です。

声優の専門校などで早くから基礎的な部分を徹底的にトレーニングを受けるのも良いでしょう。今、声優という職業は、歌を歌ったり役者をしたりと仕事の幅が広がってきており、マルチに活躍できる「声優」が求められています。そのため、ヴォーカルレッスンやダンス、舞台演技、オーディション対策など幅広く学ぶことが大切です。また、専門校の進路として大手事務所の養成所や声優を数多く輩出している劇団やに入ることも方法のひとつです。養成所と違い、入団のテストがあることも多いのですが、劇団に入ると実践的な演技の場所が得られることが大きなメリットです。先輩から演技指導を受けたうえで、お客さんの前で演技をすると技術的にも精神的にも鍛えられることでしょう。

また、集団での制作を経験できることも成長の糧になります。アニメーションも劇団も、様々な役割を担った人々が集まって作品を作り上げていきます。その一員としての自覚を持ち、演技をする体験があなたにプロフェッショナルの意識を教えてくれるはずです。

高校生活と声優の勉強が両立できる!

このように、声優になるためには早くから時間をかけてトレーニングをしていくことが不可欠ですが、問題になってくるのが学業との両立です。

10代は心も体も成長を遂げる年代であるため、その間にしっかりと演技訓練を行うことは夢を掴むためには不可欠です。また、10代の多感な時期に仲間や教師と過ごす時間は、今後の演技に深みを与えてくれます。そして、現実的なことを書けば、万が一、声優になる以外の進路を選ぶことになった場合、高校卒業資格がないと進学・就職先が限られてしまうことが考えられます。

レッスンを受けている若いうちは「絶対に声優になる!」と考えているケースが大半でしょうが、それでも予期せぬ病気や事故で声優をあきらめなくてはならない日が来る可能性もゼロではないのです。そこでおすすめしたいのが通信制高校の声優コースです。通信制高校とは、通信による教育課程で高校卒業の資格を得られる教育システムのことです。授業カリキュラムに沿って、自分で登校日を調整して学校に通えるため、すでに芸能業界で活躍している人や、夢を追いながら高校卒業資格を取ろうとしている人も多くいます。

声優コースがある通信制高校なら、思い切り声優のトレーニングに明け暮れても学業と両立するという生活が実現可能です。とくに、ヒューマンキャンパス高校のように声優の専門校が教育連携校にある学校は高校在学中に実践的なレッスンを受けることができます。本気で夢を追いかけている人は声優コースがある通信制高校へ通うことも検討してみてはいかがでしょうか。