心理・セラピー通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

高校生のための実践心理学で、成長をサポートする技術を身につける

悩みがちな高校時代。友達とのこと、勉強のこと、自分のこと...あれこれ考えて疲れてしまう前に、実践心理学を身につけておこう。

友達・家族・これから知り合う人たちと楽に、うまく付き合っていく方法を学ぶために、 普通の勉強では学べない、心理学の視点から役に立つ技術を習得していきます。

⚫︎考えかた(アイデア)
⚫︎人との接しかた(コミニュケーション)
⚫︎問題が起こった時の対処法(マニュアル)

など、知っておくと将来に役にたつスキル(知識)とテクニック(技術)を脳にインストールしていきます。

一度インプットされた役に立つスキル&テクニックは、記憶の中に収納されて使えるときのために記録されます。 特に十代での体験の記録は、一生使える成功のマニュアルの基礎となります。

学びのポイント01

アイデアを生み出す技術

何かをやる、何かをやらないの選択する方法を学びます。必要とされたり、癒されたり、個性のある人は「考えるチカラ」を持っています。 未来の、なりたい自分になるための考えるチカラを身につけておけば、友達や周りの人たちから スゴイ!と言われる人になれるかもしれません。

学びのポイント02

心をコントロールする技術

自分の気持ちに向き合い、分析しながら感情についての知識と、心が折れそうなときに自分を守る方法を学びます。心は鏡なのです。鏡の磨きかたや置き方には、ちょっとしたテクニックが必要です。

学びのポイント03

人生を計画する技術

どんな大人になりたいか?人生の計画をシュミレーションしていきます。なりたい職業、やってみたい仕事のきっかけを見つけて、生きるチカラを学びます。何にチャレンジするか、何をチャレンジしないでおくかを選べる人になろう。

①授業の様子

  • 授業の様子 写真1 【見る】
    高校生向け実践心理学は、テキストとホワイトボードを見ながら学びます。テキストに書き込んだり、気づいたことをメモしながら進みます。
  • 授業の様子 写真2 【聞く】
    面白い話しや、友達に話したくなるコトなど、聞いてよかった!と思えるストーリーに耳を傾けながら、知らないうちに学びを得ます。コミニュケーションの技術は声の出し方も大切なポイント。声の使い方でコミニュケーションが驚くほど変化することも
    学べます。
  • 授業の様子 写真3 【行動する】
    体の動かし方で心の状態も変わります。考えるときに最も効果的なアクションや、やる気を出すときのアクションなどを練習していきます。行動力はポジティブになるためにとても大切な要素。やってみて体感してみよう!

②先生の紹介

福地みずほ(ふくちみずほ)先生


プロフィール

資格一覧:米国NLP(TM)協会認定トレーナー/米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト/トランザクショナルアナリシスマスタートレーナー/オーラライトカラーセラピーティーチャー/リッシャーカラーサイコアナリストティーチャー


メッセージ

名古屋、浜松、静岡を中心に活躍されている先生です。

福地みずほ(ふくちみずほ)先生 写真

この分野もおすすめ!

  • メディカルクリニック