声優・タレント通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

声優やタレントに興味があるなら

「声優」になりたい!その気持ちを「あなたの声」で表現する。

多くのプロダクションと強いつながりがあり、プロダクションが参加する学内オーディションが多数開催されています。そのため、デビューチャンスが豊富にあります。また、有名声優さんが来校して教えてくれたり、アニメや映画、ドラマにエキストラ出演できるなど、夢のような高校生活が待っています。

学びのポイント01

未経験でも安心。プロから学ぶから、プロに近づける!

現役で活躍しているプロの先生が、基礎からきちんとレッスンしてくれます。自信がない人にも、とにかくデビューしたい人にも、芸能界を目指すチャンスがあります。授業がとにかく面白く、表現演習やナレーション、ボーカル、アテレコなど、実践レッスンは、楽しい授業として大人気です。

学びのポイント02

オーディション対策が充実しているので、安心してデビューを目指せる!

声優やタレントになるためには、専門学校などで基礎技術を習得しプロダクション付属の養成所に入所、もしくは所属オーディションに合格しなければなりません。演技力だけでなく、声の大きさ、滑舌(かつぜつ)、イントネーション、写真の撮られ方などなど、たくさんのポイントがあります。オーディションの合格率を高めるための特別レッスンを行うことで、デビューを近づけます。

学びのポイント03

たくさんの芸能事務所・プロダクションが協力してくれています!

劇団SET/シグマ・セブン/プロダクション人力舎/プロースト!/浅井企画/トリトリオフィス/リマックス/尾木プロTHE NEXT/ビーボ/サンミュージック/劇団M.M.C/ギャビーオフィス/マックミック/だるま企画/大沢事務所/マウスプロモーション/ぷろだくしょんバオバブ/アミューズ/ケイダッシュステージ/プロダクション・タンク/俳協/ラムズ/東京ドラマハウス/アトミックモンキー/アクロスエンタテインメント/81プロデュース/ムーブマン/太田プロダクション/スリートウリー/賢プロダクション ※順不同・敬称略・一部抜粋

提携する専門教育機関の情報

人気声優が学校に訪れる「声優ワークショップ」が随時開催されています。

朴 璐美さん、高橋 広樹さん、田中 真弓さんなど数多くの声優さんが学校でワークショップを開催しています。
普段なかなか会うことができない、人気声優さんからノウハウを伝授してもらえる大きなチャンスです。
ここでしか聞くことができない話や業界の話など、大好評のイベントです。

人気声優が学校に訪れる「声優ワークショップ」が随時開催されています。

デビュー実績多数!
大亀 あすか 所属 | シグマ・セブン

■ゲーム出演作品
『フォトカノ』柚ノ木梨奈役
■アニメ出演作品
『機動戦士ガンダムAGE』ユノア・アスノ役ほか
『咲 阿知賀編』
『劇場版 そらのおとしもの 時計じかけの哀女神』ダイダロス役
■テレビ出演作品
AT-X:『Club AT-X しもがめ』
■ラジオ出演作品
ラジオ関西:『アニたま喫茶 三姉妹。』 など多方面で活躍中

※連携している専門教育機関の先輩です。

大亀 あすか

長嶋 はるか 所属 | スリートゥリー

■ゲーム出演作品
『桃色大戦ぱいろん』長嶋はるか役として出演 
テーマ曲も担当 CDリリース
新時代コミュニケーションゲーム
『ArcCiel~マイアといっしょ!!~』
■アニメ出演作品
『君に届け』ユメ役で出演 http://www.ntv.co.jp/kiminitodoke/index.php 『屍鬼』田中かおり役で出演 http://www.okiagari.net/ ■テレビ出演作品
AT-X:『Club AT-X しもがめ』
■ラジオ出演作品
文化放送 超!A&G+『広橋涼×長嶋はるか×悠りょう』パーソナリティとして出演 http://seaside-c.jp/program/hr/index.php

その他、多数の先輩たちが活躍しています!

※連携している専門教育機関の先輩です。

長嶋 はるか

関 智一さん/朴 璐美さんからの応援メッセージ


プロフィール

■関 智一さん(アトミックモンキー所属)
〈アニメ〉「ドラえもん」骨川スネ夫役/「妖怪ウォッチ」ウィスパー役/「ストレンジ・プラス」恒役/「PSYCHO-PASS サイコパス」狡噛慎也役/「薄桜鬼 黎明録」井吹龍之介役/「頭文字D Fifth Stage」高橋啓介役/「Fate/Zero」アーチャー役/「のだめカンタービレ」千秋真一役/「遙かなる時空の中で」シリーズ 森村天真役・源九郎義経役/「機動戦士ガンダムSEED」「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」イザーク・ジュール役
〈洋画〉「普通じゃない」ロバート役/「猿の惑星: 創世記」ウィル・ロッドマン役ほか、ゲーム、ラジオ、ナレーションにおいても活躍中。

■朴 璐美さん(円企画所属)
『牙狼~紅蓮の月』星明役/『キルラキル』鬼龍院羅暁役/『進撃の巨人』ハンジ・ゾエ役/『鋼の錬金術師』エドワード・エルリック役/『トリコ』小松役/『NANA』大崎ナナ役/『BLEACH』日番谷冬獅郎役/『ヒゲぴよ』ヒゲぴよ役/『アリス・イン・ワンダーランド』赤の女王役/『デッドマン・ワンダーランド』ガン太役 他、舞台・ラジオ等で活躍中。


メッセージ

「人」と「場所」が寄り添う専門校で
自分の内にある「熱」を実感してもらいたい

----お二人には声優ワークショップで全国の校舎をまわっていただいていますね。
朴)はい。最初は「今どきの若い子=しらけた感じ」という先入観があったんですが、全然違いました! アツい子ばかりで、私にとっても素晴らしい機会です。
関)僕もそう思った。世代こそ違えど、似ているところがたくさんあって嬉しい。

----学生に学んでほしいことや感じてほしいことなど、どんな思いで授業をされているかを教えてください。
朴)「熱」です! 表現って「自分がどう生きたいか」という欲求から成り立っていると思うんです。まずはそういう、自分の内にある「熱」を実感してもらいたいと思って授業をしています。
関)僕も同じような感じ。技術的なことよりも、それをどう活かすかが大切な訳で。活かすモチベーションをどうつくるか、その手助けになれたらと思っています。僕自身が教わる立場だった時も、先輩達に「表現者としての生き様」みたいなものを見せられて、それを自分のものにしてきた感じがする。何かのテクニックよりは、そういうのをすごく覚えているし役に立ってる。
朴)そうそう。テクニックありきではなく、気持ち先行の姿勢で学んでほしいよね。「こういう気持ちがあるから、このテクニックを習得したい」っていうのがベスト。自分の人生なんだから、客観的ではなく主観的にみて! そんな想いで、暑苦しい授業をしています(笑)。

----専門校で学ぶメリットって、あると思いますか?
朴)めちゃめちゃあると思う!自分が好きなことに没頭できる時間って、専門校での時間くらいしかないですから! 私自身、自分の基盤は養成所に通っていた2年間だと思っています。「お前の芝居はああだこうだ」なんて仲間同士で言い合いながら本気で芝居と向き合ったアグレッシブな2年間だった。好きなことを思いっきり極められる期間だから、そのメリットを最大限に活かす方法を考えて過ごしてほしい。
関)僕は「通いやすさ」もあると思う。学生に対する協力体制がすごく手厚いからね。ライフスタイルの都合でどうしても通えない人が、講師の協力で通えるようになったっていう話を聞いたことがある。
朴)へぇー!すごいね。良いなぁ。
関)設備も整っているしね。人と場所がしっかり寄り添ってくれるのは大きな強みになると思うな。

----そうなんです。学校側は、デビューさせたい一心なので。
関)あ。アピールしてる(笑)。僕らも講師の人とたくさん話すけど、本当にアツい人ばかりですよね。

声援が嬉しいぶん、作品づくりにも責任を感じる

----お二人にとって仕事のやりがいは、どんなことですか?
関)たくさんの人と繋がれることが、すごく幸せだなぁと思いますね。視聴者からのお手紙を読んだ時とか、街で声をかけられた時とか。自分のことを応援してくれる人のことを思うと勇気が出ます。
朴)わかる! 海外の人が知ってくれていたりすると、すごく感動するよね。
関)そうそう。どこかの遠い国で僕のことを思ってくれている人がいると思うと、落ち込んだ時も「頑張ろう」っていう気持ちになれる。
朴)見てくれている人がいるっていうことは普段から分かってやっているつもりだけれど、それでも、実感できると本当に嬉しいよね。同時に、自分も作品づくりにもっと責任感をもたなきゃと思う。だから、喜びでもありプレッシャーでもあるな。
関)自分を見て知ってもらえることって、ありがたいよね。この仕事ならではだと思う。だからこそ僕たちは、見てもらうだけの努力なり苦労なりはしないといけないね。

----最後に、声優・俳優を目指している方々へメッセージをお願いします。
関)お芝居をするということに特別な能力や技術は必要ありません。とにかく、日々色々なものに興味を持って楽しく過ごすこと。これが一番の「準備」になります! 色々なものに触れてみることが、いざお芝居をする時に力になりますよ。
朴)自分の夢を持つことは素晴らしいことです。でも、はじめから一つに決めつける必要はないと思う。「あれもこれもやってみたい」と思ったら、どれもやってみればいいと思いますよ! 応援しています。

関さん朴さん

目指せる職業紹介

  • 声優
  • タレント

①授業の様子

  • 授業の様子 写真1 【演技】
    台本を使ったお芝居やエチュード(アドリブ芝居)を行い、感情開放をして人前に慣れることから始まり、アニメや舞台と幅広いメディアに対応できる演技力や想像力・表現力を習得していきます。
  • 授業の様子 写真2 【ボーカル・ボイストレーニング】
    身体・声、息などの正しいコントロールの仕方を身につけます。音程を広げたり、リズム感を養ったり、声で表現する基礎を習得していきます。
  • 授業の様子 写真3 【アフレコ】
    VTRを使ってのマイク前での表現、マイクワークを習得します。技術だけでなく、基本は芝居なので呼吸・発声も勉強し、音だけの表現で距離感・感情の表現などを学びます。

この分野もおすすめ!

  • モデル・俳優
  • ダンス