通信制高校に通いながら大学進学を目指せるの?通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

さまざまな事情から、通信制高校への進学を検討している方は、大学進学に関して不利になるのではないかという不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、通信制高校は大学進学に本当に不利になるのか、また通信制高校に通いながら大学進学を目指す際のポイントについて詳しくご紹介します。

通信制高校に通うことで進学は不利になる?

通信制高校に通いながら大学進学を目指せるの?結論から言いますと、通信制高校には大学進学に不利になることは全くありません。通信制高校を卒業しても、卒業後に得ることが出来る資格は正式な高校卒業資格であり、全日制高校を卒業して得られる資格と全く同じです。一般的な大学入試の合否は入学試験の点数のみで判定されていますので、通信制高校を卒業したことが一般入試において合否に影響することはありません。

通信制高校は勉強に集中しやすい環境

通信制高校は大学進学に有利になるということもできます。その理由は、通信制高校の学習環境にあります。全日制高校は、主にクラス単位で、学校にいる間は基本的に決まった科目の授業を受ける必要があります。また、放課後は部活動などにも取り組まなければなりません。このような全日制高校の学習環境は、多くの時間を拘束し、個人で思うように勉強に使える時間が限られているといえます。

一方、通信制高校は自宅学習が基本となるため、多くの時間を大学受験のための勉強に費やすことができます。さらに、通信制高校は単位制ですので、学習のペースやカリキュラムを自分で決めることができるため、苦手な科目に重点的に取り組むなど、自分にとって最も効率の良い方法で勉強することが可能になります。この学習環境という点においては、全日制高校よりも通信制高校のほうが大学受験には有利といえます。

大学進学をするために!当事者意識を持とう

大学進学を目指す人は通信制高校卒業に必要な勉強だけではなく、当事者意識を持って自ら大学受験に向けた勉強に取り組むことが必要になります。時間の融通が利きやすいということは通信制高校のメリットではありますが、逆に自分の気持ち次第でだらけてしまうなどデメリットにもなりえます。通信制高校の勉強以外で空いた時間をどのように過ごすのか、勉強の計画をしっかり立てて着実に実行する力をつけましょう。何のために大学進学を目指すのか、その意味をきちんと考え直すことが大切です。これは全日制高校でも、通信制高校でも共通して言えることです。

一方、通信制高校は自宅学習が基本となるため、多くの時間を大学受験のための勉強に費やすことができます。さらに、通信制高校は単位制ですので、学習のペースやカリキュラムを自分で決めることができるため、苦手な科目に重点的に取り組むなど、自分にとって最も効率の良い方法で勉強することが可能になります。この学習環境という点においては、全日制高校よりも通信制高校のほうが大学受験には有利といえます。

通信制高校から大学進学を目指そうと思っている方は、サポートが万全な学校を選んで、受験を有利に進めるようにしましょう。