• 通信制高校TOP
  • 高校を中退することはリスクが多い!解決方法はある?学習センター

高校を中退することはリスクが多い!解決方法はある?通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

高校生活を送るなかで目的を見つけられなかったり、何となく雰囲気になじめなかったりして、高校中退を考える人は珍しくありません。 高校を卒業することだけが人生ではないため、自分にとってそれが最適な判断であるのなら、中退は意味のあることといえるでしょう。 しかし、特に意味や目標もなく、高校を中退してしまうことは避けたほうが無難です。 安易に高校中退を決断してしまうと、その後の進路に悩んでしまうリスクが高まるためです。 高校中退はさまざまなリスクがあることを承知のうえで、慎重に決めることが重要といえます。

ここでは、高校を中退することによって起こり得るリスクや、解決方法などを紹介します。

高校中退のリスク1.就職・雇用の問題

まず、高校中退をすることによって起こり得るリスクには、「就職・雇用」の問題が挙げられます。
高校を中退するということは、最終学歴が「中卒」になります。高校進学率が98%となった現代においては、 就職をしたくても中卒や高校中退という理由で、雇用を断られてしまう可能性があります。

さらに、就職面接を受ける際に、「高卒」を条件として掲げている企業は珍しくありません。 働きたいという強い意思があったとしても、希望する仕事の求人にそもそも応募ができないということも多いのが現状です。

高校中退のリスク2.資格取得や進学が思い通りにいかない

就職や雇用の問題に加えて、注意しなければならないのが「資格取得や進学が思い通りにいかなくなる」リスクがあるという点です。
高校中退後に大学や専門学校に入学したいと思っても、大学や専門学校の入学資格は、 「高校卒業もしくは同等以上」だとされており、スムーズに進学ができない可能性があります。

さらに、就職後も、学歴が障害となるケースがあります。
就職先によっては、キャリアップするために資格を取得しなくてはならないケースもあるでしょう。 資格は学歴に関係なく受験可能なものが多いですが、なかには高校卒業資格が必要になるものも存在します。 高卒認定試験に合格してからキャリアアップのための資格を受験するとなると、多大な時間がかかってしまいます。

高校を中退した人が考えるべきこと

高校を中退すると将来への不安を感じたり、気分が落ち込んだりする人は多いです。
なかには、強い不安感を覚えて「高校を中退しなければよかった」と後悔してしまう人もいるかもしれません。 しかし、慎重に考えたうえで中退を決めたのであれば、決してその判断は間違いや悪いことではありません。 高校を中退した人にとって重要なのは、何よりも「今の状況から自分はどうなりたいのか」を考えるということです。

自分が「どうなりたいのか」が理解できれば、不安を感じている今の状況を変えて、 次のステップに進むための「具体的なその後の取るべき行動」が見えてきます。 まずは、自分が今後やりたいことや将来携わりたいと考えている仕事などを、メモに書き出してみるのも良い手です。 メモにアウトプットすることで情報が可視化され、考えがまとまりやすくなります。 考えを書き出す方法は今後「どう動くのか」を決めるうえで、大いに役立つことでしょう。

高校を中退してしまったけど!進学や就職を諦めない

高校中退にはさまざまなリスクがあることを前述しました。 ただ、中退をしてしまったからといって、自ら社会への道筋を閉ざす必要はありません。 前向きに進学や就職を目指すための方法を考えることで、明るい未来を切り開くことができます。

たとえば、全日制や通信制の高校に編入し、高卒資格を得てキャリアアップや進学を狙うというのも一案です。 編入とは、学校を中退した人が再び入学することを指します。 編入先の学校で必要な単位を取得できれば、晴れて「高卒」の資格を得ることができるのです。 高卒の資格が得られれば、進学や就職などの選択肢をぐんと広げやすくなります。 ただし、全日制と通信制では編入の仕組みが異なるため、きちんとそれぞれの特徴を理解しておくことが大切です。

まず、全日制の場合は、高校2年生終了後に退学をした人は「3年生から編入」できるという特徴があります。 もしも、2年生の途中で退学をした場合は、再び2年生から編入し直さなければならないため、要注意です。

それに対し、通信制高校の場合は学年という考え方がないため、「必要な単位を取得すれば高校を卒業することが可能」です。 また、通信制高校には自分のペースで勉強を進めることができたり、自由な時間を確保しやすいといったメリットがあります。 うまくスケジュールを調整することで効率的に勉強できたり、学業とアルバイトの両立を目指したりと、時間を有効活用できるでしょう。

また、全日制や通信制の高校に編入すると、「学友」を作れるという点が大きな魅力です。 高校を中退すると、それまで毎日のように接していた友達や先生と話す機会が少なくなり、不安な気持ちが増してしまいがちです。 編入先で学友をつくることで、コミュニケーションを楽しんだり、考えや気持ちを共有したりできます。 新しいフィールドで他人とふれ合うことは大きな刺激になり、毎日の生活にプラスの変化をもたらしてくれるはずです。