先輩の声 秋葉原 | 永井 颯志 くん

永井 颯志 くん

永井 颯志 くん

秋葉原学習センター


ヒューマンキャンパス高校に入学したきっかけは?

高校2年生の時にゲーム業界を目指すことを決めてから、初めは専門学校に入学する予定でした。そんな中、専門の勉強が高校生のうちからできて、自分の時間も調節しやすいヒューマンキャンパス高校の存在を知りました。勉強を始めるなら早い方が良い思ったので、ヒューマンキャンパス高校に高校3年から転入しました。


初めて学校を訪れてみての印象は?

初めて校舎を訪れたときは、学生の髪色が皆カラフルだったことが印象に残っています。


ヒューマンキャンパス高校での思い出を教えてください。

ヒューマンキャンパス高校では、自分のペースで学習できます。時間も自由に調整できるので、空いた時間を教育提携校であるヒューマンアカデミーが行うゲームのセミナーに参加したり、ゲーム業界についての調べたり、未経験だった3DCGについての知識を深める期間にすることができました。キャンパス高校でのそうした時間のおかげで、専門の授業への理解や、勉強の方向性を定めるのに役立ちました。


現在されているお仕事の内容を教えてください。

現在は、ゲーム会社でグラフィックアーティストとして、主に背景のCGグラフィックを担当しています。


業務の中でやりがいや楽しさ、がんばっていることなどを教えてください。

好きなことに携われるのはとても楽しいです。最近は会社の近くに引っ越し、1日のほとんどをCGに費やしています。会社の先輩たちはすごい方ばかりで、少しでも追いつくため日々CGのことばかり考えています。作品のリアルさを追求するために、実物を近くで良く見て、触ってみることを意識しています。この前も横田基地に行って実際の戦闘機を見て、触ってきました。日常の周りのもの全てが参考資料になります。毎日、今日は何を見ようかなと楽しくなってきます。


これからの夢、将来の目標を教えてください。

自分の尊敬している方々の作品に関わりたいと思っています。今後はゲームの3Dモデルだけでなく、自主的に映像向けのモデル作成等にも挑戦していきたいです。そして、自分のつくったゲームモデルを見て、業界を志しました!という方と巡り合うことができたら嬉しいです。


入学を検討している後輩へのメッセージ

ヒューマンキャンパス高校では、自分のやりたいことをやるための準備等をする時間がたくさん取れました。やりたいことが決まっているのなら早めに動くことをおススメします。

  • 前へ