先生の声 高崎 | 佐藤 紗衣子先生

佐藤 紗衣子 先生

佐藤 紗衣子先生

高崎学習センター
担当:美術


私の教育理念

世界には本当に色々な人がいて、それぞれ違った役割があり社会は成り立っています。
「これが正しい」と押し付けず、「自分の考えていることや、自分が持つ能力を理解し、自分で育てていく」のを手助けするのが教育だと思って取り組んでいます。
また、クリエイティブは「脳の筋肉」から生まれます。
デッサンでもデザインでもイラストでも、どうやったら表現できるんだろう?と考えます。
考えて表現することは、全ての学習や職業に役立ち、これからの自分を生きやすくしてくれると思います。
カリキュラムでは、そんな「脳の筋肉」を鍛える内容を重視しています。


ヒューマンキャンパス高校の良い所は?

自主性がすべて、なところです。
時間の使い方を自分で決められます。
視野を広く持って勉強できると思います。


授業の様子・雰囲気は?

フランクにおしゃべりをしながらやることが多いです。
友だちのアイデアからヒントをもらったり、アドバイスし合ったりなど、いろいろな切り口から表現が生まれます。
デッサンやクロッキーなどで、無言で黙々とやっている時もあります。


在校生に対して、どのように接していますか?

否定しないで受け止めることを大切に接しています。
社会は私たち大人だけが作っているものではありません。
社会の大切な一員であり、更にこれからの社会を作っていく彼らを、一人の人間として敬うようにしています。


学校やクラスなど、どんな生徒がいますか?

驚くほど色々なことを真剣に考えています。
もちろんその年齢ならではの悩みもたくさんあるけれど、自分の好きなことに一生懸命です。
美術の課題にも楽しく取り組み、ただこなすのではなく、たくさん考えて進めるので感心しています。
接しているだけで私も視野が広がります。


好きなこと・趣味など、自己紹介をお願いします。

仕事は個人でグラフィックデザイン、WEBデザインの仕事をしながら、その傍らで美術教室や美術講師をやっています。
英語や洋楽が好きで、ゴスペルのサークルで歌っています。
三兄弟の我が子たちを育てていく中で、日々の食事作り、歌作りやお話作りも好きになりました。
最近は生き物を育てることに興味があり、ベランダ菜園をしたり、ウサギ君を飼ったりしています。
言葉の語源について考えるクセがあります。


入学を考えている方へのメッセージ

クリエイティブ=生み出すことは社会の根源です。
そしてクリエイティブは人間のデトックスでもあります。
いろいろなことを考えて、出力する場所になればと思います。
美術の授業でお会いできるのを楽しみにしています。


保護者の方へのメッセージ

すべての子どもたちに必ずステキなところがたくさん眠っています。
私は彼らが自分でそれに気づいていく手助けができればと思っています。
美術の授業にもぜひ遊びにきてください。


休日の過ごし方や、こだわり

休日は家族一緒にのんびり過ごすことを大切にしています。
山や川や公園に行くのが好きです。
外国が好きなのでこれからたくさん旅をしたいし、いつか外国でも美術教育の仕事をしてみたいです。
ファッションはいつもスタンダードないわゆる普通の服装。
好きな音楽は幅広くちょっと古めの洋楽、好きなドラマはアメリカの捜査系やリーガルドラマ、好きな本は「こまったさん」シリーズや「クレヨン王国」シリーズ。
現実からちょっと離れられる世界観が好きなようです。


尊敬または好きな偉人・有名人とその理由は?

好きな作家はかこさとしさんや、安野光雅さん。
幅広くいろいろな人の絵を見たり、本を読みます。
尊敬する人...で思い浮かぶのは、戦争時代を生きた祖父母や、未来を生きていく我が子たち、私と一緒に日々を生きてくれる夫や両親です。