高校中退で悩む進路、選択肢いろいろ通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

高校生活には楽しいことばかりが待っているわけではなく、むしろ、人によっては退屈に感じることや、居心地の悪さを覚えることもあるでしょう。どうしても高校生活に意義が見出せない、そんなときに中退という決断を下す人も多いのです。しかし、明確な目標があっての中退ならともかく、漠然とした考えで中退を決めてしまうとその後の進路に迷うことになります。高校を中退した人たちはどんな進路を歩むのか、選択肢についてまとめてみました。

高認?バイト?正社員?高校を中退した人のその後の進路

高校生活で目標を見つけられなかったり、勉強や人間関係で悩みがあったりした人は、しばしば中退という決断を下します。 高校だけが人生ではないので、より自分に合った世界を見つけられるのなら、中退もメリットがある選択だといえるでしょう。 夢のある人ならば、アルバイトを始めながら夢を叶えられるようなトレーニングや勉強に励むことが多いようです。

しかし、特に目標も定まらないまま、高校の空気になじめないという理由で中退してしまうと、その後の進路に悩んでしまうことも少なくありません。 高校生活の3年間は自分の適性や嗜好を見極めるために大切な時間です。 その時間がなくなってしまったことで、自分自身が分からないまま、やりたいことが見つからないで困ってしまうのです。 とりあえずアルバイトをするなどして、外の世界と接点を持ち続けることは有効です。人との関わりは自分の目標を見つける可能性を広げます。

また、正社員を目指して就職活動に励む人もいるでしょう。しかし、そんなときにネックとなりがちなのは中卒という肩書きです。 社員の条件として高校卒業の資格を求めている企業は多く、例え入社できたとしても給与などの条件面で、他の社員よりも冷遇されることは珍しくありません。 学歴差別は本来ならあってはならないことですが、それが社会の現実でもあります。 そのため、高校を中退してから逆説的に高校生活の大切さに気がついて、勉強をし直そうと考え始める人は多いのです。 高校卒業と同等の学力を証明するために高認試験を受け、さらにそこから専門学校や大学などに進学する人も少なくありません。

中退でも高卒の資格を取るには?

学力の証明としては高認試験も大きな選択肢のひとつですが、そこには様々なハードルがあります。 まず、自力による学習能力への不安です。試験に合格するための計画を自分で立てて、参考書や問題集も自分で用意して勉強するのはなかなか困難な道です。 そのうえ、自宅学習が中心となると誘惑が多く、勉強がはかどらないこともありえます。 また、高認試験はあくまでも学力の証明であり、卒業資格がもらえるわけではないのです。

そこで、おすすめしたいのが通信制高校への編入です。 通信制高校とは通信教育によって、自分の時間割を自分で定めながら通える学習プログラムのことです。 登校日数や時間を自分で選べる学校が多いので、アルバイトや仕事とも両立が十分に可能です。 通信制高校であれば、高校卒業資格を取得するまでのプログラムを、学校側の指導の下に計画することができます。 勉強の内容も授業と、授業から出される宿題が中心ですので、それを頑張ってこなすだけで学歴が手に入るシステムになっています。

通信制高校のメリットは他にもあります。それは、学友を手に入れられることです。 クラスメイトに分からないことを聞いたり、一緒に勉強をしたりすることで、単独での学習が不安な人でも理解が深まります。 ライバルでもあり仲間でもある学友の存在は大きな刺激になることでしょう。 くじけそうなときにも、学友が力になってくれるはずです。 一足先に社会に出て進路に迷い、高校卒業資格の大切さを実感した人にこそ、仲間と一緒に学力を伸ばせる通信制高校を検討してみてはいかがでしょうか?