お知らせ

お知らせ 2019年8月23日

「まんがライフ」9月号にて、卒業生の読み切り作品が掲載されました!

皆さんこんにちは!
ヒューマンキャンパス高校の卒業生が活躍しています!

神戸学習センターの卒業生の 鶴田 由夏さん(ペンネーム:鹿島)の作品が
竹書房「まんがライフ」9月号(vol.735)にて読み切り掲載されました!

▼鶴田さんの作品はこちら!▼
「先生にアタックしたい生徒の話」
教師生徒1.jpg
▼公式サイトでも鶴田さんの作品が紹介されています!▼
http://4koma.takeshobo.co.jp/category/cat03/#post-22003

鶴田さんは、今年3月に同誌で代理原稿デビューを果たし、そこから地道に練っていた作品が晴れて掲載となりました。現在は次作の掲載に向けて、担当者と調整中です!

現在は、教育提携校の総合学園ヒューマンアカデミー 神戸校 マンガカレッジで研究生として頑張っている鶴田さんにインタビューいたしました!

鶴田さん.jpg
▲鶴田さんに似顔絵イラストを描いていただきました!

ーー今回の読み切りが掲載されるにあたって、良かったことや苦労したことなどエピソードはありますか?
掲載されるにあたってキャラの見分け方や画力について指摘され、まだまだ勉強不足だなと思いました。掲載された自分の作品を実際に見ると、嬉しすぎてはじめはあまり実感がありませんでした。

ーー掲載に至った理由は何だと思いますか?また、掲載の経験を通して得たものはありますか?
自分が書いていて楽しいと思える漫画が雑誌の傾向に合っていたのが大きかったと思っています。竹書房以外の出版社への持ち込みではあまり良い評価を頂けなかったので、事前にその雑誌のことをよく調べておくのが大切だと感じました。画力に関しても入学当初よりは大分うまくなったと思います。

ーーどうしてヒューマンキャンパス高校に入学しようと思ったのですか?
入学しようと思った理由は、ヒューマンキャンパス高校は通信制高校なので、登校日数が全日の高校より少なく、また自分の好きなことを高校の授業と同時に学べるからです。高校で漫画を学ぶ内に、もっと漫画について学んでいきたいと思い、教育提携校のヒューマンアカデミー マンガカレッジに進学しました。

ーー漫画家になりたいと思ったきっかけは何ですか?
絵に携わるお仕事がしたいと思っていたので、最初はイラストレーターにも憧れていたのですが、先生方のお話を聞いたり、自分の作品を掲載していただく経験をするうちに、漫画家を目指すようになりました。

ーー憧れている漫画家・イラストレーターはいますか?
憧れている漫画家は、『ばけもの夜話づくし』のマツリ先生と『ナンバガ』の双又翔先生です。イラストレーターですと、望月けい先生です。望月先生の絵は自分とはタイプの違う絵柄なのですが、とても綺麗で憧れです。

ーー入学後、頑張ったこと、悔しかったこと等、学生生活のエピソードはありますか?
私はヒューマンキャンパス高校と教育提携校のヒューマンアカデミー マンガカレッジを併修していたので、高校の授業とマンガカレッジの授業や課題を同時進行で進めなければならず、レポート提出、試験の時はとても大変でした。

ーー将来の夢や目標を教えてください。
教育提携校のヒューマンアカデミーに入ってからは常にコンテストで受賞すること、雑誌に掲載されることを目標としていました。今はもっと画力を高めていくことを目標にしています。

ーーこれから入学を考えている皆様へメッセージをお願いします。
ヒューマンキャンパス高校に入学した当初は授業数や行事が多くて不安だったのですが、学校に通い始めるとクラスが少人数制なのもあって、クラスメイトとも話しやすく、すぐに仲良くなることができました。
先生方も優しくてとても親身になってくださるので、学校に行くのが楽しみになりました。今不安でも大丈夫です。きっと学校に通うのが楽しくなりますよ。
また、私に担当さんが付いたきっかけにもなった、教育提携校のヒューマンアカデミーで行われるマンガ合宿は他校では体験できない、ヒューマンアカデミー独自のイベントですので、とても勉強になると思います。

【担当の保田先生のコメント】
鶴田さんは普段はとっても大人しいながらも、漫画を介すると内に秘めた熱意が垣間見える、真面目でキュートな学生です。自分自身で明確に目標を設定し、着実に一歩一歩近づいていく、静かな努力の人だなあという印象があります。
既にプロ顔負けの画力とストーリーテリングを持つ彼女ですが、これから更にその才に磨きがかかっていくのとだと期待します。


〇 〇 〇

鶴田さん、保田先生、神戸学習センターの皆様、ご協力いただきましてありがとうございました!鶴田さんのこれからの活躍に期待です!
  • 前へ
  • 一覧