先生の声 宇都宮 | 薄井 真弘先生

薄井 真弘 先生

薄井 真弘(うすい まさひろ)先生

宇都宮学習センター
高校科目担当


私の教育理念

嫌いなものとの付き合い方を考える教育を心がけています。
人には食べ物でも生き物でも勉強でも、好き嫌いがあると思います。
克服できればベストですが、どうしても苦手なものも存在します。
そんな苦手なものを放置してしまうことなく、少しづつ緩和してあげられるような指導を心がけています。


ヒューマンキャンパス高等学校の良い所は?

自分の好きなこと、学びたいことに対して多くの時間を割ける所です。私が高校生の頃は、やりたいことがあっても勉強と部活動でなかなか時間が作れませんでした。
ヒューマンキャンパス高等学校は、生徒が自分でやりたいことを決め、実行していける環境です。


授業の様子・雰囲気は?

生徒の到達度に応じた授業を1人1人に行っています。
中学校までの学習で不安なところがあっても一から丁寧に教えていきます。


在校生に対して、どのように接していますか?

生徒の目線に立って、大きく構えるようなことなく気軽に接しています。


学校やクラス、先生はどうですか?

授業内外でメリハリのついた、学習しやすい環境です。
先生は皆優しく、フレンドリーな方ばかりです。


入学を考えている方へのメッセージ

本校はやりたいことができる半面、何もしなくても時間は過ぎていってしまいます。
もし、少しでも迷っていることがあるなら、まずは行動してみましょう。
私たちが全力でサポートしていきます。


保護者の方へのメッセージ

生徒の自主性を尊重した指導を心がけています。生徒の意欲をご家庭でも応援していただけると幸いです。


趣味や好きなことなど自己紹介をお願いします。

メインは理系科目担当です。中学から大学までソフトテニス部に所属していました。
現在は風景撮影が一番の趣味で、よくカメラと三脚を担いでどこかへ旅に出ています。
数年前にロードバイクで栃木~広島まで旅をしました。その他、釣り・ゲーム・手芸などがありますが、最近はサボり気味です。


尊敬または好きな偉人・有名人とその理由は?

小学校時代の先生です。この方がいなければ、教育に携わりたいとは思っていなかったかもしれません。情熱にあふれ、一生懸命さが子供ながらにひしひしと感じられる先生でした。


休日の過ごし方や、こだわり

休日は、夜に天の川を撮影しに行ったり、花畑に撮影しに行ったり、街中の風景を撮影しに行ったりしています。

  • 前へ