先生の声 立川 | 宮田 崇司先生

宮田 崇司 先生

宮田 崇司先生

立川学習センター
担当: 高校科目(数学・英語・理科他)


私の教育理念

生徒さんによって理解の仕方は多種多様です。それまでの経験が異なるのですから。そのため教える立場の人間は、指導方法を多く持ったほうが良いと考えます。生徒さんの個性や目的によって、絵や図を多く見てもらうのか、多く書いてもらうのか、はたまた暗唱させるのか、色々なアプローチをかけます。


ヒューマンキャンパス高等学校の良い所は?

生徒さんそれぞれのライフスタイルに合わせて授業カリキュラムが組めます。例えば「平日のうち週3日アルバイトをして、残りの2日で集中的に授業を組む」「ほぼ毎日午前中を中心に通う」など、ご家庭と学校の双方が無理のない形で、授業を実施することができます。また教室ごとに考えると少人数であるがために、生徒さんの進路相談なども、より手厚く親身に考えて差し上げられるのも強みだと思います。


授業の様子・雰囲気は?

各先生の特徴と生徒さんの個性が良い意味でぶつかり合っています。楽しさを持ちつつも、なれ合い過ぎないよう適度の緊張感を保っています。通信制を主体としながら毎日のように通学する生徒もいて、活気をかもし出しています。


在校生に対して、どのように接していますか?

生徒さん一人ひとりの課題弱点を補うことに貢献できればと考えています。知識を伝えたいと思っても、物事にはタイミングがあります。心を開いてくれている時の方が、学習効果ももちろん高いと感じます。つねに好かれることは難しくても「この先生に聞けば何か答えてくれる」と認知されるように心がけています。


学校やクラスなど、どんな生徒がいますか?

おかげさまで通学生、通信生合わせて数十名の方が在籍されていますが、外面内面を問わず、個性や自我の強い人が多いかなと思います。明るい子や特技を持つ子がどうしても目立ちはしますが、一人ひとり全員が大切だという意識を強く持ってお預かり致しております。


好きなこと・趣味など、自己紹介をお願いします。

もともと数字が大好きで育ったこともあり、計算が生きるような趣味が多いかと思います。旅行に出かける時は、所要時間などの綿密なスケジュールを立てます(一方で当てもなく旅立つのも好きですが)。スポーツもよくテレビや現地で観戦しますが、特に野球は打率や防御率の計算をしながら見ます。確率などの計算が役立つゲーム類も好きです(生徒に話をするときは脱線しないように注意しています)。


入学を考えている方へのメッセージ

結局世の中は、物事をたくさん知っている人が得をするように出来ています。物事の仕組みや言葉の成り立ちが1つでも多くわかると楽しいと思います。そう思ってもらえるよう、学ぶ場所の選択肢の一つとして考えてもらえれば嬉しいですし、選んでもらえればなお嬉しいです。


保護者の方へのメッセージ

立川学習センターはもともとあった個別指導塾と兼任のスタッフが多く、指導方法も塾のノウハウを生かしています。集団で学ぶことに抵抗感がある生徒さんほど、当センターの生徒に合わせたスタイルが向いていると思います。また全国の学習センターや本部と密に連絡を取り、センターごとの良さは出しつつ、高校としてのカリキュラムの統一感は守っています。


休日の過ごし方や、こだわり

最近はパワースポット巡りにはまっています。自然あふれる公園、人の叡知が結集された建造物(神社仏閣)等に行くと、心が洗われるように感じます。また「地産地消」をできるだけ実践すべく、その土地の名産銘菓を手に入れる(購入、実食)ことを意識しています。


尊敬または好きな偉人・有名人とその理由は?

国や領地を統治することの大変さを思うと、領民を大事にする領主に尊敬の念を抱きます。一例を挙げると、戦国時代の日本においての、武田信玄と上杉謙信二人のライバル関係が好きです。また今私が仕事の面で取り入れたい、真似をしたいと思うのは、同業他社になりますがテレビ等でも多く出演がある林修先生でしょうか。

  • 前へ