先生の声 名護(沖縄)本校 | 松田 茜先生

松田 茜 先生

松田 茜(まつだ あかね)先生

名護(沖縄)本校
社会科


私の教育理念

「無理せず楽しく」をモットーにしています。私自身、英語がかなり苦手で、何度も悔しい思いをしました。その中で、焦っても身にならないということを学びました。無理せずに、そのことを楽しんで行うと、自然に身につくのではないかと考えています。


ヒューマンキャンパス高等学校の良い所は?

一人ひとりにあった通学スタイルがあり、その中で生徒たちが卒業に向けてがんばっています。また、名護本校は、緑豊かな自然の多い場所に校舎があります。大自然の中で授業をうけてみませんか?


授業の様子・雰囲気は?

沖縄を取り入れた授業で、先生方一人ひとりが工夫を凝らした授業を行っています。雰囲気は、とても和やかです。


在校生に対して、どのように接していますか?

できるだけにこやかに声かけをしています。さまざまな生徒が在籍しているので、話しかけやすい雰囲気で、じっくり生徒の話を聞くようにしています。また、返答するときも、聞き取りやすいようにゆっくり話すようにしています。


好きなこと・趣味など、自己紹介をお願いします。

青年海外協力隊として2年間、アフリカのセネガル共和国に派遣されていました。現地では、小学校の先生に、音楽・図工などの情操教育の授業方法のアイディアを提案し、授業改善に取り組んでいました。苦手な外国語でしたが、なんとかなる!と思い過ごすと、2年間楽しく過ごすことができました。


入学を考えている方へのメッセージ

学校生活で息苦しい、なんだか違う、もっと自由にやりたいこともやりながら、学校生活を送りたい!など、感じていた方々。今までの学校生活と少し違った学校生活を送ってみませんか?新しい自分に出会えるかもしれません。


保護者の方へのメッセージ

学校にはさまざまなスタイルがあります。ヒューマンキャンパス高校では、自分にあった学習スタイルを選ぶことができ、さらに空いた時間を自由に過ごすことができます。1度見学にいらしてください。


趣味はなんですか?

趣味は、中学から続けているトロンボーンです。2年間アフリカにいたのでその間、ほとんど吹いていませんでしたが、最近から再び演奏会などで吹いています。久しぶりに楽器を吹くと、私の思うように吹けず、とても驚きました。


休日の過ごし方や、こだわり

休日は、本を読んだり昼寝したり、楽器の練習をしたりしています。アフリカ生活の中で、体力温存のために行っていた昼寝の癖がまだ継続しており、休日の昼寝が必須になりました。暖かい布団で、ゆっくりしていると、気がついたら夕方になっていることが多いです。


尊敬または好きな偉人・有名人とその理由は?

両親です。人一人育て上げるということがどれだけ大変なのかを、アフリカで2年間過ごし、入職し生徒たちとかかわるなかで感じています。私を無事にここまで育てて、学校にも行かせてくれた両親に感謝し、私も両親のような人になれるように、日々努力していきます。

  • 前へ