先生の声 鹿児島 | 丸尾 浩輝先生

丸尾 浩輝 先生

丸尾 浩輝先生

鹿児島学習センター
専門チャレンジコース 「マンガ・イラスト専攻」講師
美大芸大受験実技予備校 カルミア美術研究所 代表


授業を通じて生徒たちに伝えたいことを教えて下さい。

絵の上達には正しい知識と経験が必要です。
僕に出来ることは知識の提供だけですので、皆さんは色々なものをたくさん描いて少しでも多くの経験を重ねてください。


先生が現在のお仕事をするにいたった理由を教えて下さい。

僕は美術系の大学に進学するために県外に出て浪人生活を送りましたが、当時の鹿児島にしっかりとした予備校があれば鹿児島で浪人生活を送っていたかもしれません。
そのような経験から“鹿児島にも美術の予備校が必要だ”に始まり、“鹿児島からでも藝大現役(東京藝術大学現役合格)を目指せる環境を作りたい”に変わって、実現に至りました。


絵を描き続けていくコツ、そして、表現者として心にとめておくべきことなどを教えて下さい。

“アーティストは職業じゃなくて生き方だ”と言われることがありますが、表現者(絵を描く者)として生きるには、絵を描く以外の時間をどれだけ絵に繋げられるかが大事だと思います。
絵を描き続けていくコツは生活の中心に絵を持って来て、絵を描くことをやめないことです。


生徒へのメッセージをお願いします。

夢は叶います。
もちろん叶えるために必要な努力を叶うまで続ける必要があります。
僕は叶いました。
皆さんの夢も叶えてください。

  • 前へ