先生の声 福山 | 平岡 顕治先生

平岡 顕治 先生

平岡 顕治(ひらおか けんじ)先生

福山サポート教室
マーケティング・IT


私の教育理念

教学半
私は教学半という言葉が好きです。教学半は「教うるは学ぶの半ばなり」という意味で、学んだだけでは道半ばで、それを人に教えたり活かしたりすることで学びが本当の価値を持つ。そして教えることでまたそこから新たな学びを得ることが出来るということ。学びはすなわち実践して初めて自分のものとな成るので、教えられるだけの学びは逆に大嫌いです。


ヒューマンキャンパス高等学校の良い所は?

「学びのプログラム、雰囲気、体験を通じての学び」
何らかの理由で学校に行けない、行きたくない、行けなくなった。そういった生徒に対し、様々な経験をもつスタッフとの時間で可能性を広げること、雰囲気。単なるレポート提出だけではなく、様々な体験を通じて、自分の将来を描くことができるようになる学校であることです。


授業の様子・雰囲気は?

アットホームな雰囲気の中に、温かみと個の空間もあり、それぞれの状況に応じた居場所があります。やらされるよりも自分で決め、楽しく出来る環境をみんなで作っていける場の安心感が特徴です。


在校生に対して、どのように接していますか?

2018年に開校の福山サポート校は、これまでも小中高校生の不登校児童の居場所を作ってきました。みんなそれぞれ大切にしたい人との距離感があります。そこを感じながら適度な間柄を持ちながらも、先生〜って呼ばれると「ハイハイハイ〜♫」とみんなの元へ駆けつけます。距離感大切に心は離れず、そんな接し方を心がけています。


学校やクラスなど、どんな生徒がいますか?

クラスにはおしゃべりをよくする子もいれば、無口な生徒もおります。表現の仕方は様々ですが、どこか何かに不安を感じていたり、明るくしていたり、みんな様々です。でもよ〜く話をしてみると、すごい可能性をみんな秘めています。モノづくりが得意、歌が得意、おしゃべりが得意、早口言葉が得意、占いが得意、文字入力なら誰にも負けない、そんな個性豊かな生徒がたくさんいる、そんな場所です。


入学を考えている方へのメッセージ

今の世の中は物凄い勢いで様々なモノが変化しています。情報や物もいろいろと溢れています。便利なようで、ある人には実は不便になっているものも沢山あります。私はこういった世の中だからこそ、自由な学びのスタイルが必要だと思いこの学校を志しました。一心不乱に勉強だけを目指すのもいいですが、自分をゆっくり見つめる良い時間。他者や社会を知る絶好のチャンス、一緒に貴重な青春の時間を過ごしましょう!


保護者の方へのメッセージ

学び続けることが人生の大きな生きる力です。やらされるより、自分のペースで!自分の道を自分で選びたいお子さんを応援したいから、この学校の門を叩こうとされておられるのだと思います。様々なお気持ちも全て受け止めて私どもスタッフ一同、全力で応援してまいります。どうぞよろしくお願いします。


好きなこと・趣味など、自己紹介をお願いします。

読書・旅行・人に会うこと
本を読んだり、人に出会うことで、心に響く言葉や刺激に出会います。とても心が豊かになる、その一瞬の出会いを大切しております。また大学生の頃、単身アメリカに行き車で一周した思い出から、いろいろな街や国に行っていろいろな事を感じたりすることが好きです。私が大学生の頃の夢、「いつか子どもが出来たら一緒にアメリカに行く」という夢を2018年に達成しました。旅は心を豊かにしてくれます。これからもいろんな人やモノに触れて自分を成長させていき、社会の役に立てることの出来る自分になりたいと思っています。


休日の過ごし方や、こだわり

僅かな時間を使って、子供とテニスをしたりするぐらいで、あとはほとんど仕事をしています。私の「仕事」は生活も含めた時間全てが楽しく充実したものなので、仕事と休日はあまり関係なく過ごしています。


尊敬または好きな偉人・有名人とその理由は?

稲盛和夫さんや本田宗一郎さん、松下幸之助さん。一時代を築いてきた人や人徳溢れる人柄、あきらめない創意工夫の精神。当たり前が嫌いな人。そんな人にいつも憧れます。

  • 前へ