通信制高校は働きながらでも通えるって本当?通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

高校には「全日制高校」「定時制高校」「通信制高校」の3つの種類が存在します。自分のペースで学習しつつ高校の卒業資格取得が目指せる通信制高校には多くのメリットがあり、やむをえない事情で全日制高校に通えない人たちにとって、ひとつの選択肢となっています。また中学卒業後や高校中退後にそのまま働き始めた方が、通信制高校で改めて学び直すということも可能です。

アルバイトしながらでも両立できる通信制高校

通信制高校は自分の目的に合ったペースで進めていける高校です。また、ほとんどの通信制高校で単位制が採用されているので、留年を心配する必要がありません。必修科目を含めた74単位以上を修得することで高校卒業資格を得られます(学校によっては卒業資格取得のために他にも条件が設けられているところもあります)。全日制高校と同じく在籍期間が最低でも3年必要ですが、じっくり勉強したい方は74単位以上を取得するのに3年以上かけて取得することもできます。そのうえ、多くの学校で入学受け入れを年に数回おこなっているので、時期を逃して1年間待つということがありません。

このように通信制高校では自分のペースに合わせて勉強できるため、アルバイトやパートとして働きながら高校卒業資格取得を目指す、ということもできるのです。特に、私立の通信制高校では、学べる専門分野や登校日数などコースが豊富で選択できたり、スクールカウンセラーが常駐するなどサポート面も充実しています。通信制高校の入学を考えられている方は事前に各学校の情報をよく吟味し、自分の学習スタイルに合った学校を選ぶと良いでしょう。

ただし通信制高校にもいくつか注意しなければいけないポイントがあります。一番気をつけなければいけないのは、通信制高校といっても通学しなくてもよいということではありません。学校ごとに登校して授業を受けなければならない日数が定められており、中には全日制高校と同様に週5日登校するコースがある学校もあります。また、はっきりとしたクラス分けがされていない学校では決まったクラスメイトや先生と関わる機会が少なく、深い人間関係に発展しづらい場合があることも留意しておきましょう。

不登校経験のある方は「毎日登校」することに不安はあると思いますが、自分の「好き」なことを見つけたり学びやすい環境になることで毎日登校できる生徒も多くいます。そういった自分にぴったりの学校を選択するためにも、学校見学や体験入学には積極的に参加しておきましょう。

やっぱり高校を卒業したい!社会人になってからの人も

通信制高校は幅広い年齢層の方が学び直す場としても機能しています。家庭の事情など様々な理由で高校に通えなかったり、高校受験に失敗したり、高校を中退したりしてそのまま働き始めた方もいるでしょう。そのような方々も通信制高校へ入学することで、高校卒業資格の取得を目指せます。自分のペースで単位を修得していくので、社会人として働いている方でも夜間や休日を使って勉強していけば、高校卒業資格が得られます。

学校によっては高校卒業のための科目を勉強しながら専門技能も学べるので、仕事のステップアップに役立てることも可能でしょう。さらに通信制高校の入学には年齢制限がないため、定年退職後に改めて勉強をやり直したいと願う高齢者も、堂々と勉学に励むことができます。また早くから自分のなりたい職業や将来の夢を見つけた人が、声優や美容、や漫画やゲーム制作などの専門知識が学べる通信制高校に通うといったケースもあります。通信制高校は学習スタイルの自由度が高いので、さまざまな方のニーズに柔軟に対応できるのが強みです。