• 通信制高校TOP
  • 高校を転校したいけど、うまくやっていけるか心配なあなたへ

高校を転校したいけど、うまくやっていけるか心配なあなたへ通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

一般的に高校生活は友情や恋愛があふれていて、楽しい期間と言われています。しかし、それは創作物から生まれたイメージの押し付けである場合も多く、高校生活を退屈だと感じている人も多いのです。また、さまざまな事情で高校生活になじめずに、転校したいと感じている人もたくさんいます。ここでは、転校を考えている高校生に多い理由や、転校先としておすすめの場所を紹介します。

転校したい理由で多いものは?

高校生活を退屈に感じたり、嫌になったりしてしまう理由にはいったいどんなものがあるのでしょうか。夢があふれるような高校生活がおくれると期待する分、現実との違いに落胆する生徒も実は多いのかもしれません。そのなかの理由のひとつとして、いじめなどの問題も挙げられでしょう。

いじめの問題の根が深いとされているのは、学校側に相談して対応してもらったとしても、そのことでいじめが加速してしまうきっかけになることがしばしば見られるためです。度重なるストレスが続けば、いじめられる側の人生を左右してしまうことにつながりますし、敏感な年齢の大多数の生徒は些細な事にも反応します。当然、学校を変えたいと思うのは自然な心理でしょう。学校が変わることによって、本人自身にも変化が見られ新たな生活に目標も出てくるに違いありません。そういった環境の変化は重要になってきます。

また、勉強やクラブ活動についていけない、家庭の事情などからモチベーションを失ってしまったなど、多感な時期である高校生は複雑な心理から転校を考えるようになります。そのようなさまざまな理由から不登校になってしまったという人もいるでしょう。そんな生徒たちの多くは、サボりたいと考えているわけではなく、再起のきっかけを探している状態です。自分たちに合った場所を見つけることさえできれば、再び人生に目標を抱くことができて、やる気を取り戻すことができるのです。

心が疲れている時は通信制という選択も

「学校を辞めたい」、「転校をしたい」という心理が頭から離れないときは、心が疲れているサインの可能性があります。その他にも、日常のふとした瞬間に心は悲鳴を上げ、SOS信号を送ってきます。見逃さずに向き合いましょう。

例えば、どんなにがんばっても朝が起きられない、食欲が極端に増えたり減ったりする、自分の部屋にいるとき何もする気力が起きない、などです。まずは誰か信頼できる大人に相談してみましょう。そして、思いの丈を吐き出してみることをおすすめします。そのうえで、学校を何日か休むなどの応急措置を試してみて、それでも回復をしないようなら転校を本気で考えてみるのもひとつの解決策です。

転入先として考えてほしい選択肢が通信制高校です。通信制高校とは、文字通り通信による教育で、自分のペースに合わせ、登校日数やコースを選んで通学できる教育システムです。今の自分にできることから無理なく通学していくには、通信制高校のカリキュラムのほうがしっくりくるのではないでしょうか。通信制高校の課程を修了すれば、高校卒業資格はきちんと取得できます。現状のつらい環境で無理をし続けるよりも、新しい環境へ一歩踏み出し、通信制高校に転校することも賢明な判断です。自分のリズムで通信制高校に通い勉強をする、という生活で少しずつ心を癒してみてはどうでしょうか。