高校を転校するのと編入するの、違いは何?通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

理由はさまざまですが、今現在通っている学校に対して不満を持っている人は少なくありません。実際に毎年多くの生徒が人間関係などを理由に高校を移ったり辞めたりしているという現状があります。辞めてしまうのは簡単ですが、せっかく入学した高校ですから、高校卒業資格を取得できるように最後まであきらめず通いたいものです。現在の通っている高校が自分に合わないと思ったとき、取るべき手段としては大きく分けて転校(転入学)と編入学のふたつの方法があります。どちらもよく使われる言葉ですが、厳密にはどこが違うのでしょうか?ここでは転校と編入の違いを分かりやすく解説していきます。

高校をやめないで変わるのが転校(転入学)

転校というのは、現在高校に在籍している生徒が別の新たな高校に移ることをいいます。簡単にいえば、高校をやめずに学校を変えることです。転入ともいわれますが意味合いは同じです。転校をする場合、どの学年からスタートするのかは今まで通っていた高校で取得した単位の数や通っていた期間によって決められます。その取得単位数によっては2年次、3年次の転校も可能で、新しい学校でも同級生と足並みをそろえて卒業をすることができます。ただし、転校でも編入でも単位が引き継がれるのは同じですが、どちらも前年度の単位までしか引き継がれないということに注意が必要です。つまり、2年生の途中で学校を移る場合には1年生の時の単位のみが引継ぎの対象となるということです。このため、タイミングは学年が変わるときに合わせて行うのがいいでしょう。

転校の場合には現在通っている高校と新しく通う予定の高校双方と連絡を取り合う必要があります。まずは新しい高校へ転校するために必要な書類を確認し、現在の高校に転校をしたい旨の意志を伝えて必要書類を発行してもらいます。必要書類は在学証明書や成績証明書、転学照会状などが一般的ですが、その高校によって違いがありますので必ず確認するようにしましょう。書類を手に入れたら転校先の高校へ連絡を入れ、こちらでも転校の意思表示をします。新しい高校(通信制高校の場合)に転入学する際には、試験や面接がある学校や、書類の提出のみの学校もあります。また、転校については同種の学校形態でしか原則認められないことに注意しましょう。大半の通信制高校では、転入受け入れは随時行っていますが、4月、10月のみ受け入れをしている学校もあるようです。

高校をやめた後に再入学するのが編入学

一方、編入学というのは、すでに高校を退学した生徒が別の高校に再入学することをいいます。編入をする場合には基本的には新しく入学予定の学校と個人の間でのやり取りになります。ただし、通う予定の高校が要求する書類がある場合には以前通っていた高校へ書類の請求をする必要があります。あくまでも編入というのは一度辞めてしまった高校を入りなおすという再入学ですので、入学する際には、学科試験や小論文などの筆記試験のほかに面接なども課される学校もあるようです。このように試験が課されるということは、試験に落ちる可能性もあるということです。試験に落ちてしまった場合や面接で基準に満たなかった場合には入学することができませんので要注意です。通信制高校では学科試験がない学校も多くあります。

もし現在高校に通っていて学校を移りたいと考えているのであれば転校を選んだ方が良いでしょう。編入の場合には一度高校を退学しますので、どうしても在籍していない空白の期間ができてしまいます。このため、転校よりも編入の方が同じ年齢の同級生と一緒に卒業をすることが難しくなってきてしまうのです。しかし、逆に現在の高校から希望の高校へ転校という形を取ることが制度上できないという場合には編入を選択するしかありません。転校と編入は似ている言葉ですが、その意味合いは大きくことなります。決断をする際にはタイミングをしっかりと考え、事前の情報収集を抜かりなくしておくようにしましょう。