高校中退した人の選択肢の一つ、高認とは?通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

中卒や高校中退の人が、将来を考えて高卒以上の資格を取りたいという場合に強い味方になるのが『高認』です。『高認』に合格すると、大学や専門学校に進学する資格が得られます。 また、海外に留学することも可能です。試験内容がそれほど難解ではないため、忙しい社会人でも勉強しやすいというメリットがあります。 このように、将来の選択肢を広げてくれる『高認』の内容と合格率について解説します。

高認って何?昔は大検でした

高校を卒業した人と同程度の学力があるかどうかを認定するために文部科学省が実施している試験です。

『高認』とは、『高等学校卒業程度認定試験』の略称です。よく『高校卒業資格』と思われがちですが、 『高認』は、高校を卒業した人と同程度の学力があるかどうかを認定するために文部科学省が実施している試験です。 この試験は、中学を卒業したあと高校へ進学しなかった人や高校を中退した人など、様々な理由により高校を卒業していない人が将来の選択肢を広げられるようにする目的で設けられました。 『高認』の人気が高い理由として、高校を卒業していなくても高校卒業者と同程度の資格が得られること、試験範囲が中学から高校1年生ぐらいまでの学習内容で合格率が高いことが挙げられます。 『高認』は、かつては『大検(大学入学資格検定)』という名称でしたが、平成17年から現在の名称に変わりました。実質的に、『高認』と『大検』は同じ試験と考えて構いません。

受験年度の3月31日までに満16歳以上になり、高校を卒業していない人であれば受験することができます。『大検』の時代は、全日制高校の生徒は受験を許可されていませんでしたが、 『高認』のシステムになってからは全日制、定時制、通信制のどの高校の生徒でも受験することができるようになりました。 また、学校長の判断によりますが、高校生が在学中に取った『高認』の合格科目は高校の単位に認定することができます。 試験に合格すると、国・公・私立の大学や専門学校などの受験資格が得られ、就職や資格試験などの際にも、高校卒業者と同等の扱いを受けられるようになります。 ただし、18歳未満の人は、満18歳に達した翌日から合格者の扱いになりますので、その点は理解しておきましょう。

受かるか心配...合格率はどのくらい?

難易度は高くはありませんが『高認』に合格しても、大学や専門学校に進学しなければ学歴上は中卒のままです。

『高認』は、4~5つの選択肢の中から正解を選ぶマークシート方式です。合格に必要な科目数は8~10科目ですが、免除制度があります。また、一度の試験で全科目に合格する必要はありません。 合格した科目は次回以降の試験で免除されます。さらに、高校在学中の取得単位や英検などの資格によって、『高認』に該当する科目が免除される場合があります。 『高認』の評価は、科目ごとにA、B、Cの3段階に分かれます。A:80~100点、B:60~79点、C:合格最低点~59点です。合格最低点はその時々によって多少の変動があります。 満点を狙うのは難しくとも、せめてBランク以上の点数は確保できるよう努力したほうがよいでしょう。 科目数の多さ、試験範囲の広さから、『高認』はハードルが高いというイメージがあるかもしれません。 しかし、毎年ほぼ同じ内容の問題が出ることもあり、『高認』の合格率は40%前後で、1科目であれば合格している人は80%以上です。 つまり、『高認』は決して難易度が高いというわけではないのです。

『高認』は、一人でも多くの人に社会で活躍してもらえることを目指した試験です。 むしろ、積極的に合格者が出てほしいという狙いがありますので、合格者に定員はありません。 大学の入学試験などと違い、受験者が何人いようと、合格基準を満たした人は全員合格できるようになっています。 一点注意してもらいたいのが、『高認』に合格しても、大学や専門学校に進学しなければ学歴上は中卒のままです。 大学に進学せずに就職する場合は『高認』ではなく、通信制高校に入学し高校卒業資格を目指すことも選択肢のひとつとして検討してみましょう。