• 通信制高校TOP
  • ちょっと不安...高校を転校したいけどメリットはある?

ちょっと不安...高校を転校したいけどメリットはある?通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

今通っている高校になんだか馴染めなかったり、思っていた高校生活とは違ったりと、今ある状況に悩んでいる高校生も多いのではないでしょうか。高校の3年間は、就職や進学などこれからの人生を決める大切な時期なので、悩みやストレスで時間を消費してしまうのはもったいないことです。もしも今高校生活に希望を見出せない状態なら、転校を考えてみてはいかがでしょうか。初めは勇気がいる決断かもしれませんが、新しい高校で勉強をすることで、知らなかった世界が開けていくことでしょう。

転校のメリット<その1.>

環境を変えることで気持ちをリセットできる

高校を転校することのメリットは、今までの高校生活では獲得できなかった出会いや刺激が得られることです。新しい環境に身を置くことで気持ちを切り替え、勉強に励みやすくなるというメリットも高校生にとっては大きなものでしょう。高校は中学とは違って学区が厳しく設定されていないので、比較的自由に選ぶことができます。また、高校からは通信制の学校を選ぶこともできるため、転校先の選択肢は大きく広がります。若い時期に悩んだり壁にぶつかったりする経験は大切ですが、それを乗り越える体験もまた必要不可欠なものです。

今の高校で無意味に時間を送り、ただ卒業するだけでは3年間に得られるものは少なくなってしまいます。高校生活は本来、その短い時間の間で自分の今後を決める大切な時期です。悩むことはあっても今の高校にいたのでは解決できないと感じるなら、思い切って環境を変えて、新しい高校で新しい高校生活を始めてみましょう。状況を変えると気分や気の持ちようも変わるので、今まで悩んでいたことが嘘のように気分が晴れることもあります。

今の高校での取得単位にもよりますが、転校はまた1年生から高校生をやり直す必要がありません。今までの高校生活で取ってきた単位はそのまま引き継げるので、3年間できちんと卒業できるのもメリットのひとつです。転校を決めた後にすることは次に行く高校を選ぶことですが、自分の興味がある分野の授業があるところを選ぶと、高校生活がより豊かで楽しいものとなることでしょう。

転校のメリット<その2.>

選ぶ学校によって夢への第一歩をふみだせる

どの高校へ進学するかは中学生のときに決めるものですが、情報が少なかったり、自分が何をしたいのかわからず適当に進学先を決めてしまったりということはよくあることです。高校へ入ってから自分が将来何になりたいのかをだんだん知るようになり、今通っている高校ではそれが実現できないということもあるでしょう。また、思い描いていたイメージと現実の姿が違うことによる失望を経験する人も少なくありません。

1度失敗を経験すると人は強くなります。転校する場合は転校先の高校についてよく調べるようになりますし、前回よりも慎重に物事を運ぶ力がついてきます。高校によってはさまざまな科があり、これからの人生で役立つような授業を提供している学校もあります。自分がやりたいことが学べる環境に身を置くことは、勉強に集中しやすくなりますし、向学心が高まるのでとても良いことです。特に通信制の高校は幅広いカリキュラムを提供しているので、興味のある科目が取りやすいという魅力があります。自分の夢を叶えるために若いうちから専門的な科目を受講することはとても大切な経験になり、今後の人生を大きく左右することになる可能性も高いことでしょう。

通信制高校によっては、絵を描くのが好きな人はクリエイティブ系の授業を、英語関連の仕事に就きたい人は英検取得のための授業を受講できるなど、好きや興味を学校の単位にすることができます。普通の高校で普通の授業を淡々と受けることに将来性を見出せない人は、ぜひ通信制高校の将来に通じるカリキュラムを受けることを検討してみてください。