• 通信制高校TOP
  • 高校中退後また戻りたいと思ったら、編入を考えてみては?

高校中退後また戻りたいと思ったら、編入を考えてみては?通信制高校のヒューマンキャンパス高等学校

学校に馴染むことができない、授業のスピードについていけない、家庭の事情、などの理由で高校をやむをえず中退した人もいるでしょう。しかし、高校を中退してしまうと最終学歴は中卒ということになり、その後の進路や就職にも大きな影響を与えます。もし、高校を中退したことを後悔していたり、もう一度高校で学び直したいと考えていたりするなら、高校への編入を検討してみてはいかがでしょうか。

編入して卒業すれば、最終学歴は高卒に

将来の可能性を広げるために高校卒業を目指そう!

高校を中退することは、その後の進路の可能性を大きく狭めてしまいます。たとえば、就職を検討するにしても、最終学歴が高卒以上でなければ応募できないことや、大学や資格の取得を考えるにしても、やはり高校卒業や同等以上の条件を付けられることがほとんどです。もちろん、高校を中退していても社会へ出る道筋が閉ざされてしまうわけではありませんが、その道のりはとても困難なものとなってしまうでしょう。

そこで考えたいのが、編入という手段です。編入というのは、高校を中退してしまった人が別の高校に入学をし直すことをいいます。編入は高校をやむなく中退してしまった生徒が、高校生活をもう一度やり直すためのチャンスを与えてくれる制度です。しかも、中退する前に取得していた単位を次の高校でも引き継いで卒業までの単位に加えることができるなど、卒業への道のりをより楽にすることもできるのが編入の良いところです。編入した後に新しい学校で単位を取得し、その結果として晴れて卒業することができれば、最終学歴は高卒になります。高卒の資格を得ることができれば、卒業後の進路の幅も大きく広がることになるでしょう。

編入の際には、学校側が面接や筆記試験などを実施することが多いですが、基本的に生徒の現状を把握するための簡単な試験であることがほとんどです。したがって、編入することそのものが難しいというケースは少ないですが、もちろん難易度の高い学校では編入の基準が厳しいこともありますので、新しい高校へ編入を考える際はその学校の情報をしっかりと収集しておくことが大切です。

編入先として選ぶにはどんな学校がおすすめ?

通信制高校なら同級生と同じペースで高校卒業できる可能性も

一般的な全日制の高校においては、たとえば、2年生の途中で学校を退学した場合、再び2年生の最初から編入をし直さなければなりません。全日制の高校は学年ごとに取得しなければならない単位が決まっているため、その単位をすべて獲得しなければ次の学年には進めないようになっているのです。したがって、2年生の3学期まで通っていたとしても、そこで中退してしまえば更に1年間2年生をやり直さなければならないわけです。

これに対して、通信制高校の多くは単位制であり、学年という概念がありません。卒業までに必要な単位を取得すればその時点で卒業資格を得ることができるようになっているため、もし編入を考えるのであれば通信制高校がおすすめです。通信制高校は、自分のペースで学習を進めていけるというメリットがあります。全日制高校の学習ペースについていけずに中退してしまった生徒や、学費を支払うことができずに中退を選択せざるを得なかった生徒なども、通信制高校であればバイト(仕事)と学業の両立ができるため、通学しやすく高校卒業を目指すことができるでしょう。

もちろん、通信制高校であっても中退する前に取得していた単位を引き継ぐことができるようになっています。そのため、編入の時期や学習カリキュラムの進め方によっては、同級生と同じペースで高校を卒業できる可能性もあります。学校によっては時期に関わらず編入を受け入れているケースも少なくなく、そのように編入しやすい環境が整っている点も通信制高校をおすすめする理由のひとつです。